IT ネット PC 2021 ハイエースバン2.8DT DARK PRIME 2 クルマ

6型ハイエースバン購入記① オプション・検討

更新日:

トヨタハイエースを購入することになりました。

当面の間(たぶん2年くらい)、kagayan宅はハイエース2台体制になります(予定)。
トライアル、ロードバイク、草刈り、登山、スキー、何をするにもハイエースがあれば快適。維持費の安い4ナンバーディーゼル貨物車が手元にあれば、何かと安心。

中古車も十分に検討しました。

未使用の中古車がかなり多く出回っていますね。検討対象として登録から3年以内、走行1万キロ以内までの「2.8DT 4WD DARK PRIME 2」。中古車の相場を調べてみました。相場価格は概ね350万円~360万円、秋田までの運送費や諸費用を加えれば370万円~380万円程度になりますね。中古車の3年後の残価は75%以上になりそうです。リセールバリューは特Aクラス、トヨタ車ならランクルプラド、ハリアー、クラウンなどと同等クラスの残価率のようです。海外での需要が根強いこと、これまでも相場が安定していることなどが背景にあるようです。

購入のポイントは

「低金利」「長期固定ローン」にして、いかに毎月の支払いを少なくし、キャッシュを使わずに手元に置けるかが重要ですね。
心情として、出来れば10年とか長く付き合いたいですが、トヨタ自動車のことだから今後何が出てくるか予想も付きません。ハイブリッド、EVのハイエースとかもあり得ます。一応計画としては5年くらいでの買い替えを前提に、新車での購入が最も合理的だ、と判断しました。

グレード・オプションの検討

トヨタのウェブサイトから秋田市内のディーラーさんとの商談を3件予約。
事前にトヨタのウェブサイトや購入した人のブログなどをじっくり読んで研究します。グレードをはっきりと決め、「要るオプション」「要らないオプション」をまとめました。

希望グレード

2.8DT 4WD DARK PRIME 2
寒冷地仕様
新型のトヨタ謹製2.8Lディーゼルエンジン「1GD-FTV」は、100万キロ持つ設計らしいですね(凄)。ランクルプラド、ハイラックス、グランエースなどに搭載。ダイナ、日野デュトロにも同型が搭載。「ヒノノニトン」と同じエンジンだと思うと、何だか頼もしい感じがします。

あと気になるのが、安全性能と防犯装置・・・。車両保険には入るけど、盗まれるのはイヤです。

トヨタセーフティーセンスは標準装備

「Toyota Safety Sense P」
車両の安定性を確保するVSC(横滑り防止装置)やTRC(トラクションコントロール)、急な坂道での発進時に車両のずり落ちを一定時間抑えるヒルスタートアシストコントロールの他、盗難防止に貢献するオートアラームを全車標準装備とした。衝突回避支援パッケージは、歩行者検知機能つきの「Toyota Safety Sense P」を標準装備。
・・・・この「オートアラーム」が盗難防止にかなり有効なようです。4型以前には付いていないので、有難いですよね。

希望オプション

・ホワイトパールクリスタルシャイン
・サイドバイザー
・バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー
・希望ナンバー
※ナビ・ドラレコ・ETCは社外品の取り付けをお願いしたい。
※ナビ画面にも、バックカメラの画像を映したい。
ダークプライムの特別色はカッコいいですが、ぶつけたときの板金修理代が高くつきそう。黒も悩みましたが、汚れが目立つし経年劣化すると傷が目立つ気がする。ここは無難に白にしました。

不要オプション

・ナビ(納車時に社外品の取り付けをお願いしたい)
・電動パワースライドドア
・アクセサリーコンセント
・パノラミックビューモニター
・リアLSD
・フロアマット
・コーナーセンサー
・車庫証明は自分で取ります
送迎に使うことはほとんどないので電動パワスラはパス。但し子育て世代さんなんかには必須ですよね。駐車関係は、ハイエースは見切りが良いので駐車時は意外とラク。純正アクセサリーコンセントは正弦波でないので案外使えない。何でもかんでも付けて行くと凄い値段になりますからね~。要らないものはスッパリ。

ディーラーさんとの商談へ

ここまでまとめたグレード・オプションをA4に書き出して、ディーラーさん3件分、プリントアウト。値引きの比較商談はしません、こちらの希望価格も提示せず、グッドな見積もりや提案が出たら注文したいと思います。

-IT ネット PC, 2021 ハイエースバン2.8DT DARK PRIME 2, クルマ

Copyright© kagayanのつれづれ , 2021 All Rights Reserved.