トライアル 2018 TRS Raga Racing300

太平で練習~TRS可変クラッチコンプレッションリング

投稿日:

TRSを乗りやすくセッティングする上で大事なポイントがいくつか見えて来ました(先輩方のアドバイスのおかげです~涙)
●クラッチ・・・キレが良すぎるとツンツンして操作が難しい。ワタクシレベルの走りなら、「なるべく軽く」「つながりがツンツンしない、しっとりと」した性格が良いはず。ターンの時フロントが外に出ない、いつでもマシンをピタリ止められる、じわりとした操作性が欲しい。で、武藤選手にお願いして「TRS可変クラッチコンプレッションリング」をワタクシのマシンに装着して頂きました。クラッチの強さを自在に変更できるパーツ、3段階のうち、とりあえず真ん中でセット。効き目は分かりやすいです、とても軽くなりました!あとギアオイルを「elf MOTOGEAR モトギアオイル 10W-40」に。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/ethosdesign/a45360.html
粘度が高く、少しクラッチ重くなると思いますがつながりはしっとりする感じです。

●スプロケットのギアの歯数とギア比・・・純正の歯数がF10、R40。トライアル車としては足が速い設定です。どうりでセクションで目が追いついていかないはずだ、ターンでも失敗が多い!でもなぜだろう・・・ヨーロッパの流行りなのかな?来月モテギGPで必ずチェックしたいところです。リヤスプロケを歯数43にしてみたいと思います、モノは届きましたがまた後日。

●リヤサス・・・純正品REIGER、上のダイヤルが縮み側調整 下のマイナスドライバーが戻り側調整。上のダイヤルを7クリック緩め、下ゼンユルから35クリック締めました。入りが早く戻りはゆっくり減衰が効くように調整。マシンの挙動が落ち着いた感じです。
P_20180517_182613
P_20180517_183209
今週はじっくり太平でTRSに乗ってみました。22、23、24と夕方太平に通いました、日が長くなって6時過ぎまで乗れますからね~。
今までよりは格段に扱いやすい、セクションを止まるくらいにゆっくり走り、じっくり前を見て、タメを作って越えるところを着実に越えていく。楽しい走りが出来るようになってきました。24日は近藤先生と4セクション×3ラップの真剣勝負!3secまでは互角の勝負、4secで完敗~ダメじゃん(涙)!!

マシンは良くなってるんですよ~あとは本当に乗り手の問題。思い切りよく開けるとこは開ける、メリハリのある走りが出来るように練習していきます。

-トライアル, 2018 TRS Raga Racing300

Copyright© kagayanのつれづれ , 2020 All Rights Reserved.